相続税対策の不動産を

不動産での相続税対策

トップ / 不動産での相続税対策

相続税対策として不動産を活用

相続税対策を行なっておくことは、残された遺族にとっては非常に助かることであり、遺言書を残すことと同時に行なっておいたほうが良いでしょう。現金を多く残しておくことよりも、ある程度、アパートなどの不動産に換えておくほうが相続税としてとられてしまうお金が少なくて済むでしょう。実際に相続税対策を行なうときには、専門家である税理士などの力を借りたほうが良いでしょう。不動産の評価額によって相続税の額が変ってくるので、利益を見込める物件を買った上で評価額を下げることが出来るように配慮すれば、相続人も助かるでしょう。

みんなで大家さんの仕組みと魅力

安定した収入が得られる投資として不動産投資が人気ですが、不動産への投資には初期投資が必要です。借入金でマンションを購入して家賃収入で返済をしていく投資法が広く行われていますが、空室で収入が途絶えると返済が難しくなる空室リスクがあります。みんなで大家さんは文字通り、複数の人間がお金を出しあって不動産を購入して大家さんになる仕組みです。みんなで大家さんなら、借入れをしなくても、手もとにある、投資可能な資金で不動産投資を始めることができます。

© Copyright 専門分野の不動産業者へ. All rights reserved.